:::: MENU ::::

C.a.T!

CATch a TAIL!

Japanese sub culture and tech.

  • 2017/06/25
  • 0
event, music

LiSA LiVE is Smile Always~LiTTLE DEViL PARADE~

誕生日おめでとう!

2回めのLiSAライブ参加。ライブ直前までドイツ出張で、帰国したのが昼過ぎ。荷物を部屋に置き、シャワーを浴びてすぐにライブに行くというなかなかのハードスケジュールで参加です。しかも、ドイツで働いた後、11時間のフライトは眠れず徹夜状態やら、時差ボケやらで体的にはボロボロです。耐えられるかな、という心配をしながらSSAに飛び込みましたが、もうなんというかライブの事以外考えられない、すごいテンションで、疲れはすっかり忘れていました。

今回、スピード重視の曲がすごく多かったですよね。いつものライブだと最後の方でみんなでコールして盛り上がる曲を始めっから最後まで突っ込まれた感じ。そのおかげで、今回は腕がすごく痛くなるほどサイリウム降っていました。今回スタンド席でしたが、もうスタンドがビヨビヨ揺れまくりですよ。みんなでライブを作っているって気持ちがすごく伝わりました。

いつものみんなでダンスコーナーは、Merry Hurry Berryでいちごダンスでしたね。スピードある曲なので、結構難しかった。でも、みんなで踊るいちごダンスはとってもステキで楽しい体験でした。みんなで声出すのも楽しかった。Peace Beat Beastで、LiSAが叩くシンセパッドにあわせてみんなでクラップとシャウト。超楽しかった。

そして、今回のテーマでもあるLiTTLE DEViL PARADE! いつもは、ドーナツの2人がダンサー参加ですが、今回はメガドーナツとして、たくさんのダンサー、それにバンドのにゅーメンズも参加した、まさにパレードがすごかったですね。ステージ全体を使って、LiSAらしい自由なダンスと歌!

そんなパレードから一転して、サイリウムの使用を禁止したBelieve in myself。LiSAが岐阜の山の中で歌い始めた時、LiSAが体験していた世界をみんなで作った素晴らしい演出でした。アレンジもこの雰囲気に合わせてアコースティックで、すごく新鮮でしたね。

今回、一番ゾクッとした瞬間だったシルシ。超大きなスカートを着たLiSA、スカートにプロジェクションされるきれいな映像。そして、なによりもシルシのアレンジが、ほとんどアカペラになっていて、LiSAの声がSSAに反響するのを聞くと、涙が出るような感動を感じました。LiSAに声の魅力が凄まじく発揮された1曲でしたね。

そこから、LiTTLE DEViL PARADEを歌い始めて、このシルシの静の雰囲気の演出からどうやって、あのハイテンションな曲に入るの?と心配になってしまいました。というのもシルシの曲のとき、LiSAはステージから伸びたお立ち台の上にいて、巨大なスカートをまとっていたので。そんな心配は、スカートをガバッと取り去ると吹っ飛んでしまいました。中には、いつものハイテンションなカッコいいLiSAが。もう、本当にお立ち台状態です。この曲は、ライブのために作られたような曲で、みんなで「LDP!LDP!」と叫びまくりました。今回のライブ、マジでスピード感と盛り上がりがやばい。

そこから、コズミックジェットコースター、ROCK-mode、Rising Hope、Catch the Momentと、ハイテンションな曲で、最後にTODAYでエンディング。うーん、盛り上げるだけ上げて、すっとチルアウトさせる今回のセトリすごいうますぎる。余韻がもうすごいですよ。

そして、アンコール。新曲のだってアタシのヒーロー。「フレーって、フレーって」というところのコールがすごく楽しかったですね。これは、ライブのスタンダードになりそうだなあ。そして、最後の曲 best day, best way のコールをしたLiSAに割り込むコミカルな声。なんとメガドーナツとともにミニオン達がステージに登場。そして、LiSAの30歳のバースデーをみんなで歌を歌って祝うというサプライズ。LiSAのテンションがすごく上がって、写真撮っていい?とか暴走してたのがすごく面白かった。ミニオンの声優参加も発表されて、本当に忘れられないライブになったんじゃないかな。改めて、みんなで歌う best day, best way。もう言うことのないステージでした。

LiSAの、30年前の今日の私は生まれました、という言葉はすごく彼女にとって重要だったんじゃないかな。LiSAは歌うことが本当に好きで、これからも歌い続けるけども、経験や年齢といったものは、自分が表現できるものの幅を広げたり、成長を見せるモチベーションになる。7年前のガルデモ時代には表現できなかったことを、30歳の今は表現できて、更に10年、20年と年を重ねればもっとすごい表現ができる。そういうことを自分にも、そしてファンにも感じさせるために重要なんだよね、年齢や経験って。そんな、これからの成長の楽しみも存分に感じたライブでした。

セットリストです。

01 LOSER ~希望と未来に無縁のカタルシス~
02 L.Miranic
03 crossing field
04 Merry Hurry Berry
05 ミライカゼ
06 say my nameの片想い
07 Peace Beat Beast
08 オレンジサイダー
09 the end of my world
10 Empty MERMAiD
11 Psychedelic Drive
12 キモチファクトリー
13 そしてパレードは続く
14 Believe in myself
15 シルシ
16 LiTTLE DEViL PARADE
17 コズミックジェットコースター
18 ROCK-mode
19 Rising Hope
20 Catch the moment
21 TODAY
22 だってアタシのヒーロー
23 best day, best way







Leave a comment