:::: MENU ::::

C.a.T!

CATch a TAIL!

Japanese sub culture and tech.

  • 2016/10/17
  • 0
game

PSVRは可能性のカタマリ

20161017

PSVRキタぞー!

運良く予約できたPSVR。お試しもしていなかったので、本当に初めて体験しています。

最初の感想は、装着ナーバスだなあ、解像度低いなあという感じでした。慣れるとそんなに問題ないのですが、最初うまく装着できず苦労しました。うまく装着できないと、画面がぼけぼけでゲームどころではありません。この辺の調整はかなりナーバスな感じ。一度コツを覚えると簡単なんですけどね。あと、解像度が低い。低いというか、目の前にディスプレイが組み込まれているので、近くでTVの画面見ているのと同じわけです。まあ、有機ELディスプレイなので、すごく明るいし見やすくはありますが。遅延見ないなものを感じることはほぼありません。

とりあえず、デモゲーム、Rez Infinite、アイドルマスター シンデレラガールズをやってみました。没入感半端ねえ。アイドルマスターは、アイドルに近づくことができないのは残念ですが、思った以上に立体感がある。アイドル達が立体的にちゃんと動いているように見える。みりあとかぴょんぴょんするのすごいかわいい。これは、ゲームの作り次第では凄まじい可能性を感じる。今回出てるゲームって、現実をVRに映す感じの作りが多いんだけど、そうじゃなくて現実ではできないことをやれるようにしたら、すごいことになりそう。

そういう意味では Rez Infinite は、すごい。元々のゲームが超臨場感を求めていたが、PSVRでさらに進化した感じ。元々、こういうインタフェースを想定して作られていたような操作系なんですよ。別のエントリーで感想まとめたいですが、とにかくすごい臨場感と迫力。頭動かしまくらないとできないので、ひとしきりプレーするとクラクラします。これは、倒れる人とか出そう。

いやー、全体的にまだ技術デモって感じがするんですが、凄まじい可能性を感じます。怖いぐらいに現実世界から隔離されます。これでSAOみたいなRPGとかFPSやったら凄いことになるぞ。さらにRezのように、操作系として組み込むゲームも今後増えるはず。いやー、これは凄い。いち早く体験できて幸せです。

普通のゲームもシアターモードでやるとなかなかの迫力。アイドルマスター プラチナスターズを画面サイズ最大でライブすると凄い迫力。やばい。これ楽しすぎる。ライブBDとか見ると凄いことになりそうだぞ。いや、早く量産進むといいですねえ。


Leave a comment