:::: MENU ::::

C.a.T!

CATch a TAIL!

Japanese sub culture and tech.

  • 2016/02/13
  • 0
anime

2016冬アニメのED

20160213-06

この演出にはやられたわ。

紅殻のパンドラ

20160213-14
20160213-15
20160213-16
20160213-17

デフォルメのクラりんが可愛いエンディング。途中にラジオ風の毎回違うシーンがまた可愛い。適当キャラで描かれたクラりんもいいですねえ。あと、地味にロゴに描かれている二人のシルエットがちょっとコミカルで好き。

だがしかし

20160213-18
20160213-19
20160213-20
20160213-21

アリスの世界をモチーフにしたエンディング。サヤ師が可愛く描かれているのがいいですね。いろんなキャラクタとして描かれているほたるも、時間うさぎの格好をしている姿がとてもいい。

僕だけがいない街

20160213-01
20160213-02
20160213-04
20160213-03

ちょっと面白い描かれ方です。あまり大きく動かすシーンがないのですが、すごく短時間だけ見せるカットがなんだか神秘的な感じを醸しでしていて好きです。あまりストレートに作品を表現しているわけではないのですが、空気感はうまく出ているなあと思いました。

Dimension W

20160213-09
20160213-10
20160213-11
20160213-12
20160213-13

この動きは、、、と思ったらやっぱり江畑さんでした。若干おとなしめの導入ですが、やはり中盤から大きな動きで躍動感溢れる演出が展開されます。この人の作る動きはやはり人間的でありながら、人間ではできないダイナミズムをうまく表現していて、すごく好きですね。

この素晴らしい世界に祝福を!

20160213-05
20160213-06
20160213-07
20160213-08

ありそうでなかったチルトシフト演出。この作品は、基本的には主人公たちにフォーカスが当たるんだけど、その拠点の町の生活も結構描かれていて重要な要素なんですよね。女神とかすごい属性キャラなんだけど、めちゃくちゃ庶民的なキャラクタとして描かれていて、そんな庶民感を出すためにこの演出はぴったりでした。町の中の小さな一人なんですよって感じがすごく出てます。

今期は、このすばのチルトシフト演出にやられた、って感じでしたね。


Leave a comment