:::: MENU ::::

C.a.T!

CATch a TAIL!

Japanese sub culture and tech.

  • 2015/06/27
  • 1
anime

響け!ユーフォニアム 第12話 わたしのユーフォニアム

20150627

久々に先生のカミソリっぷりが発揮。

ユーフォニアムもいよいよラストに近づいてきました。地区予選に向けて最初には想像もつかないレベルにまとまりつつある部員の表現が緊張感あって普通のアニメと一線を画している感じです。うーん、限りなく円盤欲しい。でも、場所食うしなあ。箱出てからにしたいなあ。

20150627-1

相変わらず難しい局面もすんなりこなすメガネ。まあ、影ですごい頑張ってるタイプなんだろうけど。

20150627-2

鬼気迫る久美子。まさに火が付いている。最初の頃の冷めた久美子と並べると本当に変わったよね。

20150627-3
20150627-4

そして変えた張本人である麗奈。このシーンの麗奈の表情が小悪魔でドキッとするよね。この作品は光を強調する傾向があるので、汗とかがエロく見える。

20150627-5

葵は口では後悔していないと言っているけど、その評定は後悔にしか見えない。この娘は最終的にどうなるのかちょっと興味あるけど、戻すにしても結構難しいよね。

20150627-6

難しいパートを吹けるか確認されてはっきり吹けると答える久美子。吹けますか、本番で吹けないとみんなに迷惑をかける、と現実をはっきりつきつけるメガネ先生はさすがと言わざるをえない。だからこそ生徒も火が付くんじゃないかな。

20150627-7

しかし、結局本番では吹かないよう命じるメガネ。本気でこの楽団を全国に連れて行くためであって、言う側もつらいよね。

20150627-8

慰めようと久美子を誘うサファイアちゃん。相変わらずこの娘はおせっかいだなあ。それがいいところなんだけど。

20150627-9

この悔しがりながら走るカットは、立体感があってよかったよねえ。通行人を立体的に重ねることでうまく空間を演出していました。

20150627-10

青春だねえ。

20150627-11
20150627-12

ようやく、中学のころの麗奈の悔しさを理解する久美子。これでまた2人の絆が深まったね。

20150627-13

「吹けなかったところ、練習しておいてください。次の関西大会に向けて。あなたの出来ますという言葉を、わたしは忘れていませんよ。」というメガネの一言はゾクッとするシーンだったなあ。メガネも子供を指導するということが分かってきたというか。

20150627-14

久美子と麗奈の関係は、時々ドキッとする緊張感があるんだけど、こういうコミカルなシーンもあってなんともつかみどころがない。おもしろい設定にしたなあ。

20150627-15

そして、次の曲が始まるのです。




One Comment

Leave a comment