:::: MENU ::::

C.a.T!

CATch a TAIL!

Japanese sub culture and tech.

engineer

覚えておくと便利なVirtualboxのコマンド

20140125

最近、vagrantの流行もあってかVirtulaboxを使うケースをよく見かけます。
Virtualboxは、Oracleが無償で提供している仮想化ソフトです。
VMWareやKVMなどと同じ位置づけですね。
GUIも整備されていて、無償とは思えない完成度なのですが、逆にGUIが使えない、使いたくない環境で使うときどうするの? という時に役立つVirtualboxのコマンドを今日はご紹介。
ちなみにvagrant使ってる人には不要な話です。

VMの起動

VBoxManage startvm myVM --type headless

VMのコマンド起動は、VBoxManageコマンドのstartvmオプションで可能です。
ポイントは、typeにheadlessを付けること。
これは、VirtualboxのGUIを起動せずにVMを上げる指示です。
これを付けないといつものGUI画面が出てきて、GUIを閉じるとVMも停止する必要が出てきます。

VMの停止

VBoxManage stopvm myVM

VMの停止は起動と同じくVBoxManageコマンドにstopvmオプションを付けることで可能です。

VMの情報を表示

VBoxManage showvminfo myVM

VMの状態やスペックを確認するときは、VBoxManageコマンドのshowvminfoオプションを実行します。
実行すると以下のようにVMの情報がずらっと表示されます。
実際は、以下よりたくさん情報が出力されます。

Name:            myVM
Groups:          /
Guest OS:        Windows 7
UUID:            96931ffd-3558-428e-9402-535f3f11ee7e
Config file:     /home/mio/VirtualBox VMs/myVM/myVM.vbox
Snapshot folder: /home/mio/VirtualBox VMs/myVM/Snapshots
Log folder:      /home/mio/VirtualBox VMs/myVM/Logs
Hardware UUID:   96931ffd-3558-428e-9402-535f3f11ee7e
Memory size:     4096MB
Page Fusion:     off
VRAM size:       48MB
CPU exec cap:    100%
....

ゲストにVirtualbox Guest Additionをインストールする

VBoxManage guestcontrol myVM updateadditions --verbose

VirtualboxのエージェントをゲストVMにインストールするには、VBoxManageのguestcontrolオプションを使います。
実行すると、ゲスト側へのエージェントインストールが開始されます。
verboseオプションを付けて状況を確認できるようにするとよいです。

まとめ

Virtualboxは、基本GUIでの利用が多いかと思いますが、特に開発者だとどっかのサーバでVMを動作させることも多いと思います。
そんな時、サーバにsshしてさくっとVMを操作できるととても楽です。
今回、その辺のインターフェースとしてVBoxManageコマンドを紹介しました。


Leave a comment