:::: MENU ::::

C.a.T!

CATch a TAIL!

Japanese sub culture and tech.

  • 2018/04/9
  • 0
event, music

Xenogears 20th Anniversary Concert

20年という時間に涙しかなかった。

ゼノギアス20周年を記念して開催されたコンサート「Xenogears 20th Anniversary Concert」に行ってきました。光田さんのライブは、開催されると聞きつけたらできるだけ参加してきています。光田さんの作曲家20周年コンサートも行きましたし、小規模なコンサートもいくつか参加しました。それぐらい大好きな作曲家さんなわけですが、その代表作ゼノギアスのみをフィーチャーしたコンサートが今回のコンサートです。20年前の作品なんですよね。リアルタイムでゲームをプレイしていた世代なので、本当に懐かしく、あの頃のことをいろいろ思い出しながら聴くコンサートになりました。もちろん、通称チョコレート箱と呼ばれたサントラCDも持ってますよ。

ゼノギアスは、PS初期の作品ということもあり、スーファミなどから一気に立地な音源になり、またCD-ROMの採用によりムービーで流れるボーカル音源など、表現力が大きく広がった作品でした。それもあって、すごく記憶に残る作品でした。ゲームでこんな曲ってありなんだ、と。光田さんの、民族音楽、オーケストラというイメージは、この作品で決定づけられました。特に、民族音楽を思わせる曲は、本当に新鮮に感じましたね。

今回のライブは、一言で言うと「オリジナルを現在の表現で」という感じでした。大きく表現を変えるようなアレンジは抑えられており、オリジナルの空気感をそのまま残したアレンジでした。昔、オリジナルを聴いた人間からすると、ああ、これこれってなるアレンジ。曲順も、基本的にゲームのストーリー進行に合わせた曲順になっていました。だけど、現在の光田さんの実力、表現力で厚みのあるアレンジにはなっている。迫力は、オリジナルよりずっとありました。オケ、バンド、民族楽器、コーラス、ボーカル。いろんな表現を入れているのに、完全に調和した音になる。これは、並のアーチストではまとめられないと思います。

個人的に高まったのは「鋼の巨人」かな。オケでめちゃくちゃゴージャスな音になっていながら、めちゃくちゃカッコ良かった。こういう音はめったに聴けない。あとは、コーラス曲の「最先と最後」もやはり素晴らしかった。今回、コーラスも男女混合大人数の構成で本格的でしたから、超見どころでしたね。そして、やはりついに共演が叶ったJoanne Hogg本人による「SMALL TWO OF PIECES~軋んだ破片~」。これは、ずっと夢見ていたことなので、光田さんも本当にうれしかっただろうなあ。Joanneが歌うSMALL TWO OF PIECESは、力強くて、とても美しい歌でした。本人が歌うSMALL TWO OF PIECESは、もう生で聴ける機会はないかもしれませんね。STARS OF TEARSもアンコールで歌ってくれて、本当に大満足でした。最後は、ファンならこの曲しかないと分かっていた「Lahan」。この曲で、みんなで手を叩いて、歌って大団円。もはやお約束。ステージに、Joanne、コーラスを演じたANÚNAも登場し、まさに会場全員で歌うステージになりました。曲の最後にメンバー紹介がされたんですが、最後にJoanneが光田さんを紹介したところは、本当に涙が出ましたね。本当にオールキャストのすごいステージでした。

20年前の作品でこれほどの感動を創れることはそうそうありません。そういう意味でゼノギアスという作品、光田さんのという作曲家の素晴らしさを再認識することになりました。今後も光田さんは活躍されると思うので、引き続き応援していきたいと思います。

今回のセットリストは以下でした。

1 冥き黎明
2 海と炎の絆
3 おらが村は世界一
4 風のうまれる谷~遠い約束
5 鋼の巨人
6 夢の卵の孵るところ
7 グラーフ 闇の覇者~導火線
8 つわのものどもが夢のあと~死の舞踏
9 SMALL TWO OF PIECES Piano Version
10 盗めない宝石
11 やさしい風がうたう
12 傷もてるわれら 光のなかを進まん
13 lost…きしんだ かけら
14 悔恨と安らぎの檻にて
15 紅蓮の騎士
16 神無月の人魚
17 風が呼ぶ、蒼穹のシェバト
18 飛翔~翼
19 予感
20 覚醒~神に牙むくもの
21 最先と最後
22 SMALL TWO OF PIECES~軋んだ破片~
23 STARS OF TEARS~優しく星ぞ降りしきる~
24 Balto~Lahan
25 遠い約束






Leave a comment