:::: MENU ::::

C.a.T!

CATch a TAIL!

Japanese sub culture and tech.

  • 2018/11/26
  • 0
anime, event

Aqours 4th LoveLive! ~Sailing to the Sunshine~

みらいじゅら〜。

ラブライブ!のステージは、放映当時はあまり気になっていなかったのですが、μ’sのファイナルライブの映像を観て、これはすごいと思い気になっていました。それでAqoursのライブチケットが運良くとれ、念願の参加となりました。会場は、μ’sがファイナルライブを行った東京ドーム。この間、King Super Liveで来ましたが、やはり巨大。それゆえステージ演出も圧巻でした。

導入は、まさかのオーケストラの演奏。しかも指揮者が、アニメ劇伴の作曲者である加藤達也さん。こうきましたか。いや、のっけから驚かせてくれます。そして、デビュー曲からスタートしたステージは、今回のステージの構成を予感させるものでした。パフォーマンスも馬跳びとかすごい楽しい。そして、Aqoursの曲の中でも5本の指に入る好きな曲、HAPPY PARTY TRAINもきました。いやー、ステージで聞くとまた違う感動がありますね。

学年曲もそれぞれ色が違う曲が選択されていて面白かったですね。1年生組のWaku-Waku-Week!が特に楽しかったなあ。そして、その後の想いよひとつになれの全員バージョン。これは、初披露なんですかね。Aqours、SUNSHINE!!!の演出も感動的でよかったですねえ。こういう演出は、Aqoursすごいこだわっていますよね。

後半戦で圧巻だったのはWATER BLUE NEW WORLDで登場したAqoursシップ。メインステージからバックステージまで動き、その船の上でメンバーが歌うという圧巻の演出。μ’sファイナルのときもすごい仕掛けがありましたが、今回もすごい。

そして、今回のライブの中で、個人的に一番盛り上がったのがAwaken the power。もちろんSaint Snowの二人もステージに登場し、Saint Aqours Snowで歌われました。なにより感動したのが、イントロのあのアニメでの演出が実際のステージ映像で再現されてたところ。街頭が光るシーンもライティングで雰囲気出していて、花火も飛び出したりすごかった。アウトロの行進のダンスも完全再現されてて、もうかなり興奮しました。あの曲、本当に好きなので。

アンコール前の、No.10、勇気はどこに?君の胸に!の流れも最高でした。会場にいるみんなでステージを作っているという一体感がすごかった。

アンコールも大盛り上がりできる選曲。WONDERFUL STORIESもめっちゃ好きなんだよね。最後は、予想通りThank you, FRIENDS!!。Aqoursからの感謝の気持ちすごく感じました。いや、本当感動的なステージでした。

ラブライブのステージのこだわりは、やっぱりダンスとアニメの再現ですね。ダンスは、アニメの段階で現実のライブを想定した、リアリティのあるダンスになっているんでしょうね。ほぼ完全再現されています。あと、ステージ演出もできる限りアニメのイメージを作っているのも驚きでしたね。アニメのステージ演出もすごく素敵なので、あれが現実のステージで見れるのはすごい感動しました。

今回、ラブライブ初参戦でしたが、次のライブも発表され、まだまだ感動のステージが見れそうですね。

セトリは以下でした。

1 君のこころは輝いてるかい?
2 Step!ZERO to ONE
3 HAPPY PARTY TRAIN
4 少女以上の恋がしたい
5 青空Jumping Heart
6 ダイスキだったらダイジョウブ
7 Waku-Waku-Week!
8 G線上のシンデレラ
9 想いよひとつになれ(9人バージョン)
10 聖なる日の祈り
11 ジングルベルがとまらない
12 MY舞☆TONIGHT
13 待ってて愛のうた
14 未熟DREAMER
15 WATER BLUE NEW WORLD
16 キセキヒカル(with オーケストラ)
17 Awaken the power
18 No.10
19 勇気はどこに?君の胸に!
20 未来の僕らは知ってるよ
21 WONDERFUL STORIES
22 Thank you, FRIENDS!!






Leave a comment