:::: MENU ::::

C.a.T!

CATch a TAIL!

Japanese sub culture and tech.

  • 2018/03/26
  • 0
outdoor

赤城山オートキャンプ場

おにく…

冬キャンシーズンもそろそろ終わりなので、金曜お休みをもらってキャンプしてきました。ゆるキャン△聖地もいいですが、今はすごい混んでるのもあるので、普通によさげなキャンプ場を発掘しようとこのキャンプ場、赤城山オートキャンプ場を利用してみました。

予約の方はWebからできました。Camp-netというサービスを利用しているようです。本格シーズンになると、電話でしか予約できないみたいです。特に、問題はありませんでした。直前になるとメールでリマインドが届きました。

場所は、群馬県の赤城山のふもとです。名前のとおりですね。街からはほどよく離れていていい感じです。周りにスーパーマーケットがないので、食材などは前橋とかで買ってから行くようにするのがよいと思います。道は、比較的しっかりした県道沿いですので、到達は容易ですし迷うことはないと思います。近くに、千本桜やぐんまフラワーパークがありますので、春に行くとより楽しめそうです。今回は、まだ早過ぎで、桜は咲いていませんでした。千本桜は、去年も見に行ったのですが、ライトアップもされてなかなかきれいですよ。

キャンプ場の雰囲気は、比較的こじんまりとしていますが、ゆっくりするにはこのサイズぐらいが丁度いいと思います。全サイト、比較的トイレや炊事場にも近くにりますし。また、木をうまく配置して、サイト間をうまく隔離していたり細かい配慮がされている感じがしました。1サイトの広さは、ソロキャンには十分、家族でもまあ問題ないかなと思います。広さもいくつか選択肢があるので、まあ問題ないでしょう。炊事場では、お湯が出ます。素晴らしい。管理棟では、最低限の調味料や地元のお酒、お菓子なんかも売ってました。薪や炭も入手可能です。道具のレンタルもやっているようです。カフェっぽいメニューもあったので、オーナーさんとお話してもいいかもしれませんね。あと、こどもの遊び場が少し用意されていました。ぶらんことかの遊具や、池?がありました。池に水が入っていませんでしたが、シーズンになると水を張るんじゃないかな。

私が泊まった時は、思っていたよりは暖かかったです。雨が降ってきたので温度下がると思ったのですが、カイロなしで寝れました。雨でぐしゃぐしゃになるかと思いましたが、水はけはよかったですね。砂利をきちんと敷いてあったからかもしれません。逆に、ちゃんとクッションを用意していないと、砂利のゴツゴツで厳しいと思います。残念ながら雨になってしまったので星が見れなかったんですが、晴れていればかなりきれいに見えそうです。今回、家で事前に漬け込んだ鶏肉でタンドリーチキンをスキレットで焼いて食べたんですが、超うまかった。やはり、静かなキャンプ場で、ゆったり作ってゆったり食べるの、自分にあってて楽しいです。

オーナーさんも丁寧に対応してくれますので、とっても快適に過ごせたキャンプ場でした。個人的には、こういうこじんまりとしたキャンプ場の方が配慮が行き届いていて好きですね。木々が溢れているので、微妙に赤城山が見えづらいのはちょっと残念ですが、まあキャンプ場の雰囲気を考えるといい感じだと思います。オススメです。






Leave a comment