:::: MENU ::::

C.a.T!

CATch a TAIL!

Japanese sub culture and tech.

  • 2017/09/11
  • 0
gadget

Huawei Band 2 Pro に乗り換え

運動しろ。

この2年ほどは、活動量計に Fitbit Charge HR を使っていました。非常にシンプルで、機能的には十分だったのですが、さすがに2年間ずっと付けていて、物理的にガタがきていて、充電端子部分のカバーが外れたり、充電池がへたったりしてきていました。次の端末もFitbitにしようかと思っていたのですが、そんなときに突然、Huaweiが新しいトラッカを発売すると聞いて調べて見るとスペック的にはなかなかいい。ということで、さっそく購入しました。購入したのは、Huawei Band 2 Pro です。

まずは、主な機能ですが。

  • 歩数
  • 心拍数
  • 睡眠
  • 運動のトラック

と主要なところは揃っています。歩数は、Fitbitと較べて同じぐらいのカウントをしているので、精度的には問題なさそうです。心拍数は、数値的にはFitbitよりちょっと高めに感じます。問題ないレベルと思いますが。Fitbitは結構短いインターバルでずっと計測するようになっていたのですが、Huawei Bandは、15分に一回のようです。但し、運動モードにすると秒単位のトラックをしてくれるようです。まあ、問題ありませんね。睡眠トラックは、レム睡眠などのレベルも計測してくれて、これも問題無い感じです。Fitbitより精度がいい気がしますが、本当のところは分かりません。睡眠中も心拍数の計測は頻繁なのかもしれませんね。運動のトラックは、まだ使っていませんが、ランだけではなくサイクリング、水泳もトラックできます。ハイキングがないのが残念なところ。ただ、GPSが搭載されているところが、Fitbitとの大きな違いですね。どの程度の時間バッテリが持つのかまだ見てないので、実用に耐えるかわかりませんが。

とまあ、機能的にはかなりいい感じです。さらに、最大21日バッテリが持つのも大きなアドバンテージですね。睡眠トラックを有効にしたり、運動モードを頻繁に使うと、多分そんなにもたないと思いますが、それでもFitbitの1週間よりは良さそうです。これだけ持つのは、スマホとの同期タイミングが結構インターバル長いのがありそうです。ディスプレイは縦長で、まずまず見やすいです。時計表示がでかいので、時計としても十分。まあ、PROTREK Android Ware付けてるけど。物理ボタンはなく、タッチセンサのボタンです。ディスプレイがタッチできるわけではなく、ボタン部分だけセンサで反応するだけです。これは、これでいい。あと、あんまり関係ないけど、水中に入れてもOKです。まあ、温水はダメだし、多分海の水もダメと思うので、あまり関係ないですが。

今のところ不満点は、アラームのバイブが弱いことぐらいかな。あと、Webサービスがないので、Webでアクティビティを確認できないのもちょっと不満。ただ、価格がFitbitと同じ機能のシリーズに比べ半額以下なので、コスパは非常に高いと思います。あとはどれぐらい耐久性があるかだな。




Leave a comment