:::: MENU ::::

C.a.T!

CATch a TAIL!

Japanese sub culture and tech.

  • 2016/08/16
  • 0
game

アイドルマスター プラチナスターズ

20160816

やよいからゆきぽに乗り換えました。

なんだかんだでナンバリングの時は必ず買ってるアイドルマスター。その最新作、プラチナスターズをやり始めました。PS4にプラットフォームが移り超きれいなグラフィックで描かれるアイドルたち。基本的に作業ゲーなんですが、なんというかライブでダンスするアイドルを見てるだけで飽きないです。

今回は、一人ひとりプロデュースではなく、どんどんプロデュースアイドルが増えて行くようになっていて、最終的に13人全員がプロデュース対象になります。一回で全員を育てられるシステムになっているわけですね。これはいいかも。このシステムに合わせて、ライブステージもソロ、デュオ、トリオ、クインテッドと複数人ステージが基本になります。5人並ぶだけでも結構圧巻ですね。さらに、4半期に一回開催されるオールスターライブでは、12人が登場。ただ、3班に分かれてのライブなので基本はMax5人ですね。しかし、オールスターライブのアンコールは12人全員登場するんですね。これはすごい。

20160816-01
20160816-02

ステージ全体を使うともっとすごかったのですが、それでもそれぞれよく動き回ります。さらに、ハイタッチしあったりキャラ同士の絡みもあってなかなかすごいですよ。こういうのPS4じゃないとできなかったんだよね。これだけでやる価値ある。

さらにいいのが、バーストというシステム。普通のライブでは前からアイドルを写すだけなんですが、オールスターの時は後ろから写すシーンがすごくかっこいい。バーストの最後のアピールでアイドルがジャンプするんですが、これがすごくいいんですよね。特殊能力をつけておくと、5人全員でジャンプしたりするんですよ。これはライブを見てる人がデザインしたんだろうな。見せ場をよくわかってますよね。

20160816-03
20160816-04

その他の細かいダンスの仕草なんかも本当によく作られていて、デモとしてずっと流しておきたい感じ。いやー、いいねこういうの。ゲームシステムは単純だけど、やはりアイドル3Dモノの最先端という感じがします。

相変わらず曲を小出しにダウンロード販売するので、課金がえげつないですが、ダンスを見たくてついつい買ってしまいそう。それぐらい楽しいゲームになってますよ。


Leave a comment