:::: MENU ::::

C.a.T!

CATch a TAIL!

Japanese sub culture and tech.

  • 2016/04/23
  • 0
misc

短期間で大企業を辞める

20160418

実力があるなら大企業はやめとけ。

富士通を退職した話

似たような企業で働いているので、ちょっと面白かった。実力があるならとっとと辞めて正解と思う。基本的に、巨大な組織の中で全体最適にするため、個人のやりたいことをある程度我慢してもらうことは多い。短期間で高給を得るポジションに上がることも多分無理。ただ、本当に実力があるか、自分のやりたいことのためにリスクを負う覚悟がある人でないと、後悔するかもしれない。ベンチャーとか経験して大企業に移った人も少なからずいて、そういう人の話聞くと、華々しく言われているベンチャーでも、実はギリギリのところを走っているということは多いのだとか。まあ、短期的に見れば勢いあるうちは賭ける価値はあると思うけど。

要は、実績をどう積むかって話なので、会社を転々としながら積むのもいいし、一つの会社の中で転々としながら積むのもいいんじゃないかと。ただ、何も得ないうちに転々とするのはキャリアとして何もない人になってしまうのでお勧めできないな。ブラックから逃げるとかは例外として。自分は、一つの会社内で転々としてるな。まあ、リスクを下げる選択肢をしているということなので、時間に対する効率は悪いです。会社を移ることも一時期は激しく考えたけど。でもまあ、海外とか視野に入れれば、この年でも何とか移れるキャリアぐらいにはなってきたかな。

そういや、以前も富士通か、日立の人が転職して後悔したみたいな記事を書いてなかったっけ?まあ、小さな会社だと事業範囲も限定的だろうし、自分がやりたいことど真ん中の企業を選ばないと、リスク高いだけで辛いでしょうな。あとは、報酬でモチベートできるかぐらいで。

しかし、この話を見てると、日本のSI大企業が、そんな世界だってことぐらい、今やネットを少し漁れば分かる時代なのに、会社説明の資料だけしか見てないのもどうなんだろ。あと、自分の希望通りにならなかったからといって、ちゃんと給料出した会社を実名で砂かけるのは、やめたほうがいいよね。そこで、働き続けている人たちもいて、少なからず会社に傷をつけるんだから。

以上、老害の意見でした。


Leave a comment