:::: MENU ::::

C.a.T!

CATch a TAIL!

Japanese sub culture and tech.

  • 2016/02/7
  • 0
anime, movie

コードギアス 亡国のアキト 最終章 愛シキモノタチへ

20160208

このシリーズは大人しめでした。

コードギアスのTVシリーズの間をつなぐ劇場版シリーズコードギアス 亡国のアキトの最終章を見てきました。当初4話の予定でしたが、尺に収まらず5話構成になりました。

今回の見どころは、やはりアキトとシンの兄弟対決。アキトのアレクサンダ・リベルテとシンのヴェルキンゲトリクスのめちゃくちゃな動きはすごい迫力でした。あのヴェルキンゲトリクスの変形演出は本当によくできてますね。あと、あの変な歯車がついた斧。厨二臭満載でたまらない。www

あと、アシュレイがナイトメアに乗って戦いますが、こいつの無双っぷりもなかなか。アキトのバーサーク状態並みの機動性。とにかく今回は、ナイトメア戦が多くてすごく盛り上がります。これはじっくり見返したい。

ストーリーの方は、だいたい想定通りなわけですが、コードギアスだからバタバタ死んでいくと思いきや、今回は割と平和でしたね。とりあえず敵役以外はほとんど死んでないよね。あのシーンで、やっぱりやりやがったと思ったけど、なにそのチートという感じで。結局レイラのギアスはなんだったんでしょう。青色ギアスなので、普通のギアスとは違う系統とは思いますが。時間の巻き戻し?未来視?その辺の説明なく終わってしまったのがちょっと消化不良ですね。

シリーズ全体を通して振り返ると、すべてCG化されたナイトメア戦がやはり良かったですね。TVシリーズでも頑張っていましたが、やはりこのCGのスピード感はすごく良かったです。ストーリー的には、TVシリーズのファンサービスとしてルルーシュとスザクが登場していましたが、あれは完全にサービスだよなあ。ストーリー的にはいなくても問題なかったでしょう。逆に、シンの出番をもっと増やして欲しかったなあ。アキトに対する優しい兄の物語をもっと丁寧に表現して欲しかった。TVシリーズの方がやっぱり凄かったですが、この劇場版も見せ場が多くて楽しめました。


Leave a comment