:::: MENU ::::

C.a.T!

CATch a TAIL!

Japanese sub culture and tech.

  • 2015/04/29
  • 0
misc

メルマガからの退会方式

20150429

ゴミメール削減キャンペーンということで営業メルマガ退会しまくっている。

メール見るのにかける時間を少しでも少なくするためメルマガ退会をちまちまやっています。やっててちょっと面白いのは、退会のさせかたにもいろいろあるというところ。ちょっとまとめてみます。

メルマガに個人専用退会ページのリンクが載っていて、認証なしに退会できる

メルマガの末尾に大体退会についてのアナウンスがありますが、そこにリンクが付いていることがよくあります。中でもハッシュっぽいURLのリンクが付いているやつはこのパターンが多い。ユーザ専用の退会ページが作られていて、認証情報入れずに退会できる。これはとても楽でいい。良心的。海外のサービスに多い。

メルマガに汎用退会ページのリンクが載っていて、アクセスに認証が必要

上のやつとほぼ同じだけど、ログインが必要な汎用ページに誘導されるパターン。一番多いパターン。まあ、これならいいでしょう。

メルマガに汎用退会ページのリンクが載っていて、退会時にメアドを入力させる

上のやつのバリエーションで、ログインはさせられないけどメアドを入力させられるパターン。これは、他人でもできてしまう可能性があると思うのでやり方としてはまずいかも。ただ、後で書く方法と組み合わせてガードしている場合が多い。

Webからの退会操作の後、メールで再確認させる

上の3つと組み合わせて使われる。Webから退会操作した後メールが飛んできて、確認専用のWebアドレスに誘導され、このアドレスを踏んだ時点で退会が確定するもの。まあ、入会でもよく使われるパターンでちょっと面倒だけど、まっとうといえばまっとうかと。

メールで退会を連絡

退会するにはここにメールしろというやつ。あー、面倒だからいいやと思わせるためにわざとやっているのでしょう。最悪の方法だけど、万一みんなマジメに送ってきたら人件費大変なことになりそうだけど。

こんなところです。さすがに電話はなかったな。専用退会ページ方式は、日本ではあまり見かけないけど、海外のベンダなんかにはとても多い。両者にとって最も効率的だし、日本の企業ももっと利用すべき。


Leave a comment