:::: MENU ::::

C.a.T!

CATch a TAIL!

Japanese sub culture and tech.

misc

zaimアカウントをGoogleアカウントで作ったときのTip

20140217

体重記録をきっかけにいろいろ記録したくなって、家計簿もつけることに。
以前、iPhoneアプリで少しやっていたのですが、入力が結構面倒で辞めてしまった。
そこで、最近よく使われているzaimを試してみることにしました。

まずWebから登録することにしました。
登録画面というかログイン画面を見るとGoogleアカウントとFacebookアカウントで登録できるようです。
アカウントできるだけ減らすためGoogleアカウントで登録。
登録自体は特に問題なく完了しました。
次は、iPhoneアプリ使ってみるかということでアプリを起動してみたら、ログインにGoogleアカウントがない。
どうやら未対応なのか。
ちなみにFacebookアカウントではログインできるようです。
こりゃダメだ、ということで一度アカウントを削除しようとしたんだけど、Webから削除しようとするとパスワードを要求される。
Googleアカウントでログインしているから当然zaim側にはパスワードなどない。
というわけでハマりました。

こんなときは以下のようにすると削除にこぎつけられます。
まず、Webのログイン画面で「パスワードを忘れた?」をクリックして、Googleアカウントのメアドを入力します。
するとそのメアドにパスワード再設定URLが来ます。
あとは、そのURLでパスワードを設定します。
その後、WebのログインでGoogleアカウントのメアドと設定したパスワードでログインできます。
あとは、アカウント削除画面でパスワード入力してめでたく削除。
これってバグだよねえ。

お金というデリケートな情報扱うんだから、この辺のオペレーションはしっかりデザインして欲しいものです。


2 Comments

  1. nanasi

    zaimのGoogleログインの件、パスワード発行の裏技がわかり助かりました

    返信
  2. ken

    2017-2-26日、同様の落とし穴にはまりました。
    google連携でログイン後、swiftzaimを使用しようとしたらgoogleアカウントでログインできず。
    その後zaimのアカウント関連画面で登録メールアドレスの変更をしようとするも登録済みアドレスにメールが届かず。
    そのあとパスワードの変更をしようにもできず。

    なので、最終的に
    1. 別のメールアドレスに登録を変更
    2. パスワードの変更
    この二つでなんとかいけました。

    ただし肝心のswiftzaimは5個しか登録できず内容の編集もできない残念アプリだったため、ちと無駄足でした。

    返信

Leave a comment